トヨタ ヴェルファイア 新車 値引きの相場と限界額

【2020年2月更新】

ヴェルファイアの購入を考えているなら、まず、一番最初にやるべきことは、 ヴェルファイアの値引き額の相場を知り、あなたが目指す値引きの限界額を決めることです。

新車の値引き交渉は、何よりも事前の情報収集が大きな鍵を握ります。

まずは、 ヴェルファイアの値引き額の相場限界額を調べ値引き交渉にはいりましょう。

オススメ!愛車の相場が一秒でわかる「簡単車査定ガイド」


至急知りたい、最新の値引き額の相場と限界額の情報


新車の値引き交渉をする前に、ゴール(目標額)を決める必要があります。

まずは、ヴェルファイアの値引き額の相場と限界額をしらべましょう。値引き額は相手ディラーの都合や購入する時期などで変動はしますが、現在の相場金額を確認した上で、あなたが目指す値引き額を決めて下さい。

目安としては、値引き額の相場と限界額の中間以上をゴール(目標額)としてみてはいかかでしょうか。

また、すでに ヴェルファイアの値引き交渉をおこなっている方もいると思います。そんな方は、「今、セールスマンが提示している値引き額が妥当か?」、「もしかしたら、まだ、値引き交渉ができるのではないか?」と気になりますよね。

ヴェルファイアの最新値引き額を知りたいあなたの為、こちらでは、毎月、最新の値引き情報を掲載しています。

値引き情報の推移を見れば、セールスマンの提示した金額が妥当か?あといくらぐらいなら値引き交渉できるか?参考になると思います。

まずは、最新の値引き額を確認して下さい。

最新の値引き額の相場と限界額の月別推移

2020年2月 トヨタ ヴェルファイア車両本体 値引き目標額の月別推移表

情報提供元:月刊自家用車※値引き情報はあくまで参考価格であり状況により変わります。


トヨタ ヴェルファイアの値引き金額について、車両本体価格の値引き目標額の月別推移表です。

2020年2月 最新 トヨタ ヴェルファイア 新車の値引き目標額と限界額

車両本体目標値引き額
35.0万円
平均目標値引き額(装備付属品込)
38.9万円
限界値引き額(装備付属品込)
50.0万円
納期
1~2か月

車両本体価格の値引き目標額35.0万円、平均目標値引き額(装備付属品込)38.9万円、値引き合計額が装備付属品込で50.0万を超えたら限界値引き額に到達したとみていいでしょう。

『月刊自家用車』値引きの神様 松本隆一氏のコメント

私の愛読書「月刊自家用車」に掲載されている、値引きの神様「松本隆一」氏のヴェルファイアの値引きについてのコメントです。

毎月、更新していますので、値引き交渉の参考にして下さい。

一部改良を実施他が値引きは緩い。合格ラインは付属品の値引きを含めて40万円。大都市部では50万円超も期待。攻略のコツはアルファードVSヴェルファイアの競合。5月からはトヨタ店とカローラ店でも取り扱いを開始するが、これに先立ち増産体制を整えている。

大盤振る舞い中。合格ラインは付属品お値引きを含めて40万円。値引き合計が50万年を超えることも。攻略のコツはアルvsヴェルの競合。納期は改善されてきたが、それでも注文から納車までしっかり2か月かかる。来年早々にマイチェンの情報あり。

付属品をたっぷりつけたら値引きの合計を40万円以上に持っていきたい。今月の「特報」では値引きの合計が50.6万円(値引率11.6%)になった例を紹介しているがここまで取れたら大成功。攻略のコツはトヨペット店とネッツ店の競合。納期は2か月程度かかる。

トヨタ ヴェルファイア ライバル車と競合 テクニックとコツ


値引きの最大テクニックは「他車との競合」です。競合は値引き交渉の原理原則ですが、この競合には「①ライバル車競合」、「②姉妹車競合」、「③同士競合」があります。

それぞれの競合について、ヴェルファイアの競合相手、交渉テクニックとコツを紹介します。

①ライバル車競合

他メーカーの同クラス車と競合させる方法です。

あなたの条件にあった車をピックアップしてそれぞれのディーラーと交渉して値引き条件を引き出し、本命のヴェルファイアの交渉にぶつけるのです。

この際、「どの車にするか迷っている。」をアピールして下さい。重要なのはヴェルファイアが欲しいという事をセールスマンに悟られないことです。「どうせ最後はうちで買うんでしょう」と足元を見られ、値引きが進まない恐れがあります。

あくまで「条件があう車を検討している。」という姿勢で交渉にあたって下さい。

トヨタのヴェルファイアのライバル車は、ニッサンの「エルグランド」です。

ニッサン(NISSAN) エルグランド(ELGRAND)


ニッサン(NISSAN)エルグランド 値引き目標額
車両本体目標値引き額
40.0万円
平均目標値引き額(装備付属品込)
45.1万円
限界値引き額  (装備付属品込)
60.0万円
エルグランド 値引き限界額を引き出すテクニックはこちら

高級ミニバンの歴史は「ヴェルファイア」と「エルグランド」の歴史でもあります。ヴェルファイアの永遠のライバル「エルグランド」ですが、現状、ヴェルファイアに一歩、遅れをとっています。また、現在、エルグランドは大幅値引き中であるため「エルグランド程の値引きはできない。」と言われる可能性が高いです。

しかし、永遠のライバルには変わりありません。エルグランド程の値引き額は無理かもしれませんが、エルグラドの大幅な値引き額を提示して交渉すれば、ヴェルファイアの値引き額もアップするでしょう。

②姉妹車競合

同メーカー車やOEM(相手先ブランド)車など中身は同じだけど車名が異なる「姉妹関係」にあたる車同士を競合させる方法です。
トヨタのヴェルファイアの姉妹車は、トヨタの「アルファード」です。

トヨタ(TOYOTA) アルファード(ALPHARD)


トヨタ(TOYOTA) アルファード 値引き目標額
車両本体目標値引き額 
35.0万円
平均目標値引き額(装備付属品込)
38.9万円
限界値引き額  (装備付属品込)
50.0万円
アルファード 値引き限界額を引き出すテクニックはこちら

③同士競合

同じ車を経営資本が異なるディーラー同士で競合させる方法です。

経営資本が異なる」とは、同じ販売会社でも経営者が違うということです。判断基準は名前が一文字でも違っていれば経営者が異なります。

埼玉トヨペット」、「群馬トヨペット」は経営者が異なるということです。但し、「埼玉トヨペット 浦和支店」と「埼玉トヨペット 大宮支店」など、店舗名+◯◯支店という場合は経営者が同じになりますので、競合の対象にはなりません。

また、トヨタには「トヨタ店」、「トヨペット店」、「カローラ店」、「ネッツ店」がありますが、「ヴェルファイア」は「トヨタ店」の専売となっていますので、それぞれの「トヨタ店」で競合させて下さい。

⇒新車の値引き交渉は競合が有効。経営資本が異なるトヨタ販売店一覧表はこちら

トヨタ(TOYOTA) ヴェルファイア


トヨタ(TOYOTA) ヴェルファイア 値引き目標額
車両本体目標値引き額 
35.0万円
平均目標値引き額(装備付属品込)
38.9万円
限界値引き額  (装備付属品込)
50.0万円
ヴェルファイア 値引き限界額を引き出すテクニックはこちら

トヨタ ヴェルファイア 新車の値引き金額をトータルで最大限に引きだすコツは


新車の値引きで重要なことは、「車両本体価格からの値引き」と「下取り車の値引き(下取り価格のアップ)」です。

「車両本体価格からの値引き」については、このサイトの値引き限界額を参考に交渉してもらえれば、必ず満足いく値引き額を獲得できると思います。

もう一つ忘れてはいけないのは「下取り車の値引き(下取り価格のアップ)」です。

下取り車がある場合、ディーラーへ下取りを出す前に「買取業者」で査定をおこなって下さい。

ディーラーの下取り価格と買取業者の買取金額では、10万円以上の差が出ることはザラにあります。いくら時間をかけて値引き交渉して数万円の値引きを勝ち取っとても、下取り金額で10万円以上も損したのではせっかくの努力が水の泡です。

オススメは、複数の買取業者に査定を依頼できる一括査定です。あたなの愛車を1円でも高く売りたいなら、一括査定の買取金額とディーラーの下取り価格の比較は必ずおこなって下さい。

オススメ!愛車の相場が一秒でわかる「簡単車査定ガイド」


トヨタ ヴェルファイア 値引き交渉 生レポート

トヨタ「ヴェルファイア」値引き交渉の生レポート情報です。

値引き交渉のポイント獲得した値引き金額競合させた車種などを公開しています。

トヨタ「ヴェルファイア」の新車を購入する際には、こちらの交渉術を参考に値引きの限界額を獲得して下さい。

値引きに関する実例は、私の愛読書「月刊自家用車」から引用しています。

【2019/11】ヴェルファイア X(8人) 値引き 50.6万円 【愛知県】

ヴェルファイア 値引き
車両本体価格
3,625,560円
車両本体値引き
445,882円
付属品値引き
60,000円
トータル値引き
505,882円

10%の恐怖が迫ってきた!一気に攻めたら50万円引き!

【対抗車】
トヨタ「アルファード」、ミツビシ「デリカD:5」
【下取り車】
トヨタ「エスティマ」(平成18年式)
下取り:13万円
【値引き交渉】
エスティマが13年目の車検を控え、スライドドアやフリップダウンモニターなどに不調があるので、消費増税前に買い替えを決めました。
狙いはミニバン。各社のミニバンをじっくり検討した結果、候補はアル/ヴェルとデリカD:5に絞り交渉に入りました。
私の住んでいる地域には経営の異なるネッツ店が3店舗あるので、それぞれの店舗と商談を行いました。
その結果、知人が紹介してくれたネッツA店が一番よい反応だったので、ネッツA店に絞り交渉することに。
妻と二人でネッツA店に出向き、アルファード、デリカD:5との競合を伝えて、「増税前に間に合わせたいので来週には決める予定です。ヴェルファイアの条件でアルファード、デリカD:5と交渉するので、ぜひ、他を突き放すような金額を出してください」とストレートに思いを伝えると、「オプションと諸費用を含めた総額466万円を410万円にします」とのこと。
逆算すると、値引き+下取りの総額は56万円になります。
帰宅後、各社の見積りを比較して検討したところ、やはりトヨタA店の条件が一番いいです。
アルファードももうひと押しすればヴェルファイアと同じ条件にはなりそうですが、さらなる上乗せは難しそうです。
アル/ヴェルの納期3か月を考えると、トヨタA店のヴェルファイアを攻めたほうが得策と考え、最後の勝負を仕掛けました。
こちらの条件は、付属品3点(9万円相当)の無料サービス。
「可能であれば契約します」とネッツA店の営業さんに迫ると「何とかします!」と頑張ってくれました。
最終的な条件は車両本体とメーカーオプション7万5600円から44万5882円引き、付属品75万1518円から6万円引き下取り13万円となっていました。

値引き交渉のポイント

各社のライバル車の見積りをとって上手に競合させています。
ヴェルファイアから合計50.6万円引きなら大成功と言えます。下取りの13万円もかなりの高取りとなります。

【2019/09】ヴェルファイア ハイブリッドZ(7人・4WD) 値引き 72.5万円 【広島県】

ヴェルファイア 値引き
車両本体価格
4,632,120円
車両本体値引き
600,000円
付属品値引き
125,380円
トータル値引き
725,380円

お得意さんには破格のサービス!一発回答、まさかの72.5万円引き!!

【対抗車】
無し。
【下取り車】
無し。
【値引き交渉】
嫁にいた娘に我が家のヴォクシーを譲ることになったので、ヴォクシーのかわりに1サイズ大きいミニバンを購入することになりました。
狙いはヴォエルファイアです。
アルファードとの競合も考えましたが、担当セールスさんはヴォクシーを購入したときのセールスさんで、とても誠実は人です。
とても信頼できるセールスさんなので、彼一本で勝負することにしました。
そんなセールスさんが提示してきた条件は車両本体とメーカーオプション91万2600円から60万円引き、付属品94万1224円から12万5380円引き
納期は3ヶ月かかりますが、消費増税前に登録できるとのことなので契約しました。

値引き交渉のポイント

「小型車1台分」のオプション/付属品を付けていますが、ここまで取れればウルトラCと言えます。間を開けずにヴォクシーとヴェルファイアを連続して購入しているだけに破格のを提示していいます。

【2019/08】ヴェルファイア Z(7人) 値引き 44.1万円 【東京都】

ヴェルファイア 値引き
車両本体価格
3,672,000円
車両本体値引き
144,957円
付属品値引き
100,000円
トータル値引き
244,957円

経営統合前の駆け込み競合!スッピンから44万円引き!

【対抗車】
アルファード
【下取り車】
トヨタ「エスティマ」(2011年式) 買取専門店 110万(下取り査定 70万円)
【値引き交渉】
狙いはアルファードとヴェルファイア。地元だけでなく、隣県にも越境してトヨタ同士の争いに持ち込む。ちなみに、付属品は一切なし、いわゆる”スッピン”状態で見積りを取った。

近所のトヨタA店で商談したところヴェルファイアの車両本体から44万1320円引きを提示。他店はこれに付いてくることができない。唯一、アルファードを扱うトヨタB店は「他店の条件が出揃ったら最後にうちに来て下さい」と言っていたので出向いてA店の条件を伝えると「そんな数字はだせません」と白旗をあげてしまった。

なお、これまで乗ってきたエスティマ(2011年式)はディーラーの下取り査定では70万円が限界だったが、複数の買取専門店と交渉したら110万円(40万円UP!)の値を付けてくれたので売却した。

新車購入交渉は出会いの連続です。やはり、足で情報は稼がないと、満足できる値引きは出てこないものだと、今回はより実感した交渉となりました。

スッピン状態で40万円オーバーなら大成功です。下取りも高値で売却しています。買取専門店に査定を依頼して比較するだけで40万円もの高取りに成功しています。値引きを40万円上乗せすることは、ほぼ不可能ですが、下取り車の処理は少しの手間をかけるだけで数十万円もの高取りを実現することができます
下取り車がある場合は、少しの手間を惜しまず、買取専門店と比較して高値で売却するようにしてください。

下取り車で損をしないため、まずは相場を確認!
簡単 車査定ガイド

値引き交渉のポイント

【2019/07】ヴェルファイア Z Gエディション 値引き 36.5万円 【鹿児島】

ヴェルファイア 値引き
車両本体価格
3,978,720円
車両本体値引き
488,328円 ※付属品値引き含む
付属品値引き
0円
トータル値引き
488,328円

【2018/09】ヴェルファイア Z(4WD・8人) 値引き 48.8万円 【北海道】

ヴェルファイア 値引き
車両本体価格
3,978,720円
車両本体値引き
488,328円 ※付属品値引き含む
付属品値引き
0円
トータル値引き
488,328円

キラーフレーズ「あなたから買いたい!」

マイナーチョンジしたヴェルファイアの購入を決意。販売店と交渉に入る前に下取り車の相場を確認した。買い取り専門店の査定は、7年落ち/走行8万km超にもかかわらず、180万円の値が付きました。この査定金額をベースに販売店と交渉にはいります。
まずは、ヴェルファイアの姉妹車、アルファードから交渉開始。アルファードは売れ行きがいい為か思ったより強気で、値引きは25万円でストップ。下取りも170万円でした。
続いて下取り車を購入したネッツ店でヴェルファイアの交渉です。
(私)「アルファードもヴェルファイアも好きなので安いほうを買おうと考えている
(セ)「マイチェンしたばっかりなので数字的には厳しいんですが、また買っていただきたいので負けるわけにはいきません。最初から限界でいきます! 下取りは180万円にします。納期が3か月ほどかかるので、納期時点の下取り金額となりますが、買い取り店なら200万円くらいはいくかもしれません」
(私)「納期まで車が必要なので買い取り店だと困る。180万円と200万円の間をとって190万円で下取ってもらえないか?」
「う~ん…お待ちください」と言って奥に引っ込んで相談。その結果、下取りは190万円でOKになった。値引きは40万円。一旦、態度を保留して退却した。
翌週、アルファードにヴェルファイアの条件を伝えて交渉したが「とても無理です」とあっさり敗北宣言。これでアルファードは消えた。
ここで、以前から憧れていたランドクルーザープラドとも商談したところ、発売から9年経っていることもあり、かなり好条件を出してきた。俄然プラドに気持ちが傾き、迷いまくる。結論が出ないまま、ネッツ店と再び交渉。
プラドとの競合を伝えて、こちらの希望をぶつけると「厳しい!」と難色を示す。しかし、「ぜひ今回もあなたから買いたいです!」とキラーフレーズを繰り出すと「もう引くわけにはいきません! やります! 決めてください!」と頑張ってくれた。
最終的な条件は車両本体とメーカーオプション9万9360円から48万8328円引き+リモコンエンジンスターター(6万6960円)を無料サービス。さらにネットで購入して持ち込むことにした付属品(ナビ/バックカメラ/リヤモニター/ETCなど)はすべて無料で取り付けてくれます。ちなみに下取り車は3か月後の納車まで乗っていられます。

値引き交渉のポイント

メーカーオプション無しで約49万円の値引きは素晴らしいです。また、無料サービスを含めると実質値引きは60万円を超えています。ここまで取れたら超ウルトラC級の値引きと言えます。成功の要因はやはり「あなたから買いたい!」という気持ちがセールスマンに伝わったのだと思います。新車は「買ったら終わり」ではなく、その後の点検、車検など長い付き合いとなります。セールスマンも値引きで利益がでなくても、今後の付き合いを考えて無理を聞いてくれたのだと思います。それは、やっぱり人と人との繋がりではないでしょうか。セールスマンも人の子。仕事とは言え、態度の悪い客とは付き合いたくないはずです。「アナタしかいない」と言われれば、「この人の為に頑張ろう」となるはずです。

【2018/07】ヴェルファイア Z Gエディション(4WD・7人) 値引き 41.5万円 【埼玉県】

ヴェルファイア 値引き
車両本体価格
4,611,600円
車両本体値引き
415,352円 ※付属品値引き含む
付属品値引き
0円
トータル値引き
415,352円

ネッツとトヨペットに温度差あり!?最後は“無理ならあきらめる”で攻略!

4年前にヴェルファイア・ゴールデンアイズを購入した。走行距離3万kmで、すこぶる快調でとても気に入っているが、最近、昨年末にマイナーチェンジした新型が気になっている。買い替えはまだまだ先と思っていたが、興味本位で現行車を購入したネッツ店を訪れてみる。すると担当セールスさんが「新型は納期が4か月もかかるほどの人気です。ぜひ、買い替えを検討して下さい!」と売り込んできた。心が動くが、下取り額は200万円と低いため、これではとても買い替えられそうにない。
下取り車は、買取専門店のほうが得だ」と聞いたことがるので、試しに複数の買い取り専門店をまわって査定してもらったところ、「今月中に引き渡してくれれば255万円で買い取る」とのこと。これで、一気に購入意欲に火が付いた。買取店に売却した場合、納車までの数か月間、ミニバンなしの生活となるが、我が家には軽自動車が2台あるので問題ない。
デザイン的にはアルファードが好みだったので、早速、トヨペット店を訪れたが「アルファードはヴェルファイアより販売が好調で、納期も長くなる」とのこと。販売が好調なせいか、営業さんも今ひとつノリが悪い。ネッツ店とトヨタ店の温度差に驚いた。
ならばと再びネッツ店へ。「本命はアルファードだが、値引きしだいではヴェルファイアにする」と伝えて、本気モードの商談を開始。まずは下取り車の交渉だが「買い取り専門店の255万円を上回るのは難しい」と早々にギブアップ。そこで、下取り車は買取専門店に売却する方向で交渉を進める。
こちらからは無謀とも言える「50万円引き」を要求した。無理は承知の上だが、50万円引きから妥協案を引き出す作戦だ。しかし、回答は期待ハズレの25万円引きでストップ
(私)「その条件では買い替えられない。ヴェルファイアはまだまだ乗れるし、気に入っているので、今回はあきらめる
と宣言したところ、
(セ)「待ってください! まだ頑張ります!」
と食い下がる。このあと何度か激しい攻防を繰り返した結果、最終的に車両本体とメーカーオプション113万760円/付属品42万5844円から41万5352円引き、支払い総額616万円を提示。ハンコを押す前に、お約束のガソリン満タンもOKとなったので契約した。

値引き交渉のポイント

高級ミニバンはトヨタの一人勝ち状態なので、エルグランドやオデッセイをぶつけても効果は期待できません。トヨタ同士の競合が効果的ですが、アルファードは販売が好調な為、値引きは渋い状態です。逆に、ヴェルファイアにアルファードをぶつけると、俄然、やる気を出してきます。今回もアルファードをぶつけて、付き合いのあるセールスマンを上手に攻略しています。“コンパクトカー1台分”ものオプション/付属品を付けていますが、マイチェン後の新型から40万円引きを超えれば大成功です。
下取り車も買取専門店をまわって255万円という超・高取りに成功しています。このように下取り車があるある場合は、買取専門車で査定をしてもらって、販売店と交渉にあたると効果的です。ネットの一括査定を利用すれば、複数の買取業者から見積りを取ることができますので、時間のない方は利用することをオススメします。また、納車まで代車も貸してくれますので安心です。