【2020年2月更新】
ポルテ 値引き

「月刊 新車値引き情報」とご覧いただきありがとうございます。
サイト管理人「キャンパーTsuyosi」です。

車両本体やオプションからの値引きばかりに気を取られがちですが、実は見積書のなかにはカット、値引きできる項目が存在することをご存知ですか?

新車を購入する場合、車両本体価格(オプション含む)の他に税金、保険料、リサイクル料金、販売諸費用がかかりますが、販売諸費用はディーラー(販売店)の代行手数料なので値引きが可能です。

トヨタ ポルテ 販売諸費用(代行手数料)を値引きする方法


値引き可能な販売諸費用(代行手数料)

トヨタの公式HPでは、ポルテの販売諸費用(代行手数料)の概算金額は66,939円となっています。

ディーラー手数料が含まれる販売諸費用(代行手数料)には、納車費用、車庫証明手続代行費用、検査登録代手続代行費用、下取り車手続き代行費用、下取り車査定料などがあります。

実際にかかる法定費用、販売諸費用(代行手数料)の相場を記載しますので、あなたの見積書と比べ販売諸費用(代行手数料)が高いようなら、カット、値引き交渉をして下さい。

車庫証明手続代行費用
法的費用 約3,000円
ステッカー代(500円程度)+申請費用(2,000円程度)
※軽自動車はステッカー代のみ
販売諸費用の相場 約11,500円~20,000円

実は車庫証明は、自分で取得することも可能です。

手続きも思ったより簡単で、警察署の交通課で必要書類「自動車保管場所証明申請書」、「保管場所標章交付申請書」、「自認書か保管場所使用許諾書」、「保管場所の所在地、配置図」を揃え、警察署へ提出すれば一週間程で交付されます。

⇒誰でもできる車庫証明書の書き方と必要書類のまとめ

自分で取得すれば、実施3,000円程度の費用なので1万円以上もお得です

但し、土日は申請の受付をおこなっていないので注意して下さいね。

会社を休めないなど、自分で手続きができない場合は、手数料のカット、値引きを申し出て下さい

検査登録代手続代行費用
法的費用 約3,000円
販売諸費用の相場 約15,000円~30,000円

「検査登録代手続代行費」とは陸運局でナンバーを取得するのに必要な費用です。

自分で手続きも可能ですが、手続きが面倒なので、こちらはディラーにお任せしたほうがよいと思います。

しかし、実質3,000円程度ですので、手数料が高いようであれば値引き交渉をして下さい。

下取り車手続き代行費用
法的費用 500円程度
販売諸費用の相場 約5,000円

「下取手続代行手数料」とは、下取りした車の名義変更、廃車手続きをおこなう費用です。

当然、下取り車がなければ発生しない費用ですが、下取り車に値段がつかず査定額が0円でも費用はかかるので「下取りに出したら、逆に損をした!」となる場合があります。

そんな場合は、廃車専門の買取業者を利用して下さい。

廃車専門の買取業者であればどんなポンコツ、事故車でもレッカー代、廃車手数料無料で引き取ってくれます。

下取り査定料
法的費用 0円
販売諸費用の相場 約5,000円~8,000円

下取り車の査定料金です。

新車の購入でディーラーを訪れると、必ずと言っていいほど「愛車の査定をいたします」と下取り車の査定をしてくれます。

この時は「下取り査定料」は取られませんが、新車を購入するとなったら見積書に明記されている事があります。

ディーラーは、下取り車の販売でも利益を出していますので、下取り車の査定はユーザーサービスではなく、必要な業務として必要不可欠なものといえます。

こういった行為に値段をつけてユーザーから費用をとっているのは、悪しき商法と言えます。

見積書に「下取り査定料」の記載があれば、すかさずカットを申し出ましょう

納車費用
法的費用 0円
販売諸費用の相場 約7,000円~10,000円

自宅まで車を納車してもらう費用です。

当然、自分で取りに行けばダダになりますので「納車は不要です。自分で取りにくるので納車費用はカットして下さい」と申し出ましょう。

一昔前なら「納車費用は新車のワックスコーティングを落とす費用等も含んでいるのでカットできない」と言って拒むセールスマンもいましたが、最近では、はじめから納車費用をカットしているディーラーも多いようです


タイミングが重要!販売諸費用(代行手数料)の値引きは契約直前に!

このようにディーラー手数料が含まれる販売諸費用(代行手数料)には、カットできる費用がたくさんあります。

新車を購入する際、車両本体やオプションからの値引きばかりに気を取られがちですが、販売諸費用(代行手数料)も重要な値引き要素になります。

それぞれの値引き金額は少額ですが、ちりも積もれば山となりますので、忘れずに値引き交渉をして下さい。

販売諸費用(代行手数料)の値引きに関する注意点ですが、はじめから販売諸費用(代行手数料)の値引きをお願いすると、その分、車両本体、オプション代からの値引き分を調整されることがあります。

値引きを切り出すタイミングは、新車の購入が決まった「ハンコを押す直前(契約直前)」に申し出ましょう!

セールスマンも目の前にハンコをチラつかされては「OK!」となる可能性が高いです。

まとめ 販売諸費用(代行手数料)を値引きする方法

  • 販売諸費用(代行手数料)は値引き可能!
  • 値引きできるのは、車庫証明手続代行費用、検査登録代手続代行費用、下取り車手続き代行費用、下取り車査定料、納車費用!
  • 契約直前(ハンコを押す直前)に交渉する!

グレード別 乗り出し価格

ポルテを新車で購入した場合、税金(自動車税、環境性能割、重量税)、自賠責保険料、リサイクル料金、販売諸費用(代行手数料)を含めた乗り出し価格をグレード別に計算しました

ポルテのグレードはG、Y、F、Xの4グレードで、全てのグレードにはFFと4WDが用意されています。

ポルテはグレードによってパワートレイン(エンジン)、安全装備などに違いはなく、シートタイプや装備で差別化をおこなっています。

なお、計算条件は、値引きなし、オプションなし、4/1登録(自動車税12ヶ月分)、販売諸費用(代行手数料)はトヨタHP掲載金額(66,939円)で計算しています。

温熱シートを備えた最高級グレード!

ポルテ G 乗り出し価格

ポルテ 値引き

内装仕様
フロマージュ
ポルテ 値引き

ポルテ 値引き

プラム
ポルテ 値引き

ポルテ 値引き

Gグレードはポルテで最高級グレードになります。

快適温熱シートを運転席に装備しており、スーパーUVカットパッケージ、「ナノイー」パッケージが標準装備されていますので女性のドライバーにも安心です。

花粉除去モード付きのオートエアコン、本皮巻きステアリングホイール&シフトレバーが高級感を演出しています。

ベンチシートシートでくつろぎモード!
ポルテ Y 乗り出し価格

ポルテ 値引き

内装仕様
ポルテ 値引き

ポルテ 値引き
プラム

Yグレードは、唯一、フロントシートがベンチシートタイプとなるグレードです。

内装仕様はプラムのみでシート生地はトリコットです。

ベンチシートでソファのようにくつろぎたい方におすすめです。プロントシートにはアームレストも付いています。

Fグレードと同様に、6:4分割可変式リヤシートを備えています。

Gグレードとの価格差は約9万円となります。

汚れに強い撥水タイプのシート
ポルテ F 乗り出し価格

ポルテ 値引き

内装仕様
フロマージュ
ポルテ 値引き

ポルテ 値引き

プラム
ポルテ 値引き

ポルテ 値引き

Fグレードは、子供が飲み物をこぼしても安心できるシート「撥水タイプシート」を装備したグレードです。

お掃除がとても楽なので、小さなお子様を持つ主婦の方には嬉しい装備です。

6:4分割可変式リヤシートが多彩なシートアレンジを可能とします。

Gグレードとの価格差は約10万円となります。

コスパNo1!基本性能は全て備えた優等生!
ポルテ X 乗り出し価格

ポルテ 値引き

内装仕様
フロマージュ
ポルテ 値引き

ポルテ 値引き

プラム
ポルテ 値引き

ポルテ 値引き

インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)、ToyotaSafetySense(衝突回避支援パッケージ)、アイドリングストップ機能(Stop&Start System)などの安全装備を備えたコストパフォーマンスNo1のグレードです。

他のグレードと大きな違いはシートタイプがベーシックとなり、2WD車(FF)のリヤシートは一体可倒式となり、分割してリクライニングができません。

シート生地もジャージとなります。

Gグレードとの価格差は約15万円となります。

オススメのグレード F

ポルテ F 乗り出し価格

ポルテ 値引き

ポルテのオススメグレードは、Fです

子育て世代をターゲットにしているので、お掃除が楽な撥水タイプのシートを装備したFグレードがベストです。

価格、装備ではYグレードと変わりありませんが、赤ちゃんを乗せるのであれば、後部座席へのウォークスルーは必須条件かと思います。

必要であればスーパーUVカットパッケージ、「ナノイー」パッケージなどはオプションで付けることはできます。

ただし、冷え性で「快適温熱シート(運転席)がどうしても欲しい」という方は、Gパッケージを選択して下さい。

トヨタ ポルテ 値引き交渉 生レポート

トヨタ「ポルテ」値引き交渉の生レポート情報です。

値引き交渉のポイント、獲得した値引き金額、競合させた車種などを公開しています。

トヨタ「ポルテ」の新車を購入する際には、こちらの交渉術を参考に値引きの限界額を獲得して下さい。

値引きに関する実例は、私の愛読書「月刊自家用車」から引用しています。

※現在、ポルテの値引きレポートは整備中です。

購入ガイド!値引き目標額と限界額!

フリード+とのライバル競合、スペイドとの姉妹(兄弟)車競合も有効ですが、ポルテは同士競合が一番効果があります

トヨタには「トヨタ店」、「トヨペット店」、「カローラ店」、「ネッツ店」がありますが、「ポルテ」は「トヨタ店」、「トヨペット店」の販売(東京都は全販売店)となっていますので、各販売店で見積りをとってポルテ同士で競合させて下さい。

値引き交渉の際は、モデルの古さを指摘して値引き額の上乗せ、オプション・付属品からの値引きを引き出して下さい。

トヨタ(TOYOTA) ポルテ


トヨタ(TOYOTA) ポルテ 値引き目標額
車両本体目標値引き額 
22.0万円
平均目標値引き額(装備付属品込)
23.6万円
限界値引き額  (装備付属品込)
25.0万円
ポルテ 値引き限界額を引き出すテクニックはこちら

値引きを上乗せする方法


新車の値引きで重要なことは、「車両本体価格からの値引き」と「下取り車の値引き(下取り価格のアップ)」です。

下取り車がある場合、買取業者で査定をおこない下取り額と比較をおこなって下さい。

ディーラーの下取り価格と買取業者の買取金額では10万円以上の差が出ることはザラにあります。

買取業者は海外への販売、部品取り、オークションへの出品など販売ルートが豊富な為、ディラーの下取り価格より高い査定となる事が多いです。

時間をかけて値引き交渉しても、下取りで10万円以上も損したのではせっかくの努力が水の泡です。

愛車を高く売るなら一括査定がオススメ

買取業者へ査定を依頼するなら「一括査定」がオススメです。

自宅にいながら、インターネットで簡単な情報を入力するだけで、最大10社に一括で査定を依頼できる、とても便利はサービスです。

あたなの愛車を高く売るには、一括査定の買取金額とディーラーの下取り価格の比較は必ずおこなって下さい。

下取り車で損をしないため、まずは相場を確認!
簡単 車査定ガイド